2007年12月30日

ナナフシの恋 / 黒田研二著

ナナフシの恋~Mimetic Girl~ (講談社ノベルス クM- 7)

ナナフシの恋~Mimetic Girl~ (講談社ノベルス クM- 7)

著者: 黒田 研二

出版者: 講談社

発売日: 2007-12-07




25日前に自殺を図り、意識不明のまま入院中の麻帆からメールが届いた。彼女のケータイは、自殺したときから行方が分からなくなっていた。メールの指示するとおり、新校舎の教室に行くと、同じく呼び出されたクラスメートたちが数人集まってきた。

教室から全く動かずに展開される推理劇。そうですね、舞台にしたりすると面白いかも。消えた携帯電話や、麻帆が自殺した時の行動、そして謎のメールの送信者。クラスメートたちが語っていくうちに、徐々に真相が明らかになっていくという手法は、使い古された話ではあるものの、私は結構好きです。「私は」と書いたとおり、こういうのって好き嫌いあると思うのですが、でも著者らしいラストだったし、おすすめの部類にはいるかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿