2009年1月25日

晴海線を歩く



どんより曇り空、時折雪まで降った昨日とはうってかわって、雲ひとつない青空。2月11日の開通を前に、首都高晴海線が歩行者に開放されたので歩きに行ってきました。豊洲出口から東雲ジャンクションまで上下線をウォーキングです。受付の場所まで豊洲駅から徒歩25分と書いてありましたが、実際のところ15分くらいだったでしょうか。いや、上を遮るものが無く、空き地も多く、歩道も広いのでそう思っただけかもしれませんが・・・。単に歩くだけではなく、高速用パトカーや白バイ、燃料電池車の展示、新アスファルトの仕様の説明、これからの首都高の計画や、臨海地区の開発状況などの様々なブースが出ていて、最後はスタンプラリーでお土産を貰えるという、結構盛りだくさんのイベントになってました。

首都高的にはドライバーが見に来てくれるという考えだったのでしょう。「安全運転のお願い」みたいな案内とアメも貰いました。「普段は自動車、使わないんです」とは言えませんでした(笑)。

豊洲出口方向からは富士山とレインボーブリッジが綺麗に見えます。正面は首都東京のビル群が180度広がるような感じです。なんか首都高の出口だけにしておくには勿体ないような景色です。

0 件のコメント:

コメントを投稿