2009年4月23日

[自転車散歩]上野浅草めぐり

行きは中央通りを北上、帰りは上野の線路を渡って合羽橋、浅草から吾妻橋を渡り、隅田川の東岸を南下するというルートで一周してきました。



蒸し暑かった昨日とはうって変わり、今日はさわやかな晴れ。上野公園も修学旅行生や散歩する人で朝から賑わっていました。そして平日にも関わらず、相変わらずルーブル展の前は大混雑。上の写真は公園でちょうど見頃だったシャガの花。アヤメの一種らしいです。



雷門も修学旅行生や観光客がたくさんいました。ゴールデンウィーク前ではありますが、この時期はそれほど混雑してない割に、気候も良いので東京観光にはもってこいの時期かもしれないですね。

東京駅周辺は平日の朝は人も車も多く、自転車で走るのは結構危険でした。今日は中央線が大混乱だったみたいなので、そのせいもあるのかもしれません。また中央通りは比較的自転車でも走りやすいけれども、やはり車道が広いし、車も速度が出てるので緊張を強いられる感じはしました。ただ、銀座〜日本橋〜神田〜秋葉原〜上野の大通りを自転車で走るのは結構気持ちいいです。ちょっとした東京マラソン気分?今度は休日の早朝にやろうと思いました。

上野から裏道を東へ向かい、合羽橋道具街を横切るルートは、一方通行が複雑に入り組んでるせいか車も全然いないし、下町の風情も楽しめるのでおすすめ。吾妻橋を渡り、かの有名なアサヒビール本社ビル前を曲がって隅田川を見ながら下っていこう、と思いきや、この辺りずーっと塀のような護岸があって、全然川が見えないんですね。残念。確かに江東デルタ地帯はここが切れると水の底に沈む場所ですから、背に腹は替えられないといった感じでしょうか。ただ、両国、本所、深川とやはり下町の細い道は結構楽しかったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿