2012年3月20日

[自転車]筑波山で迷走

筑波山梅林の紅梅がようやく見頃ということなので、筑波山に登ってみることにしました。さすがに自走すると登るだけのお釣りがなさそうなので、秋葉原駅からつくば駅までつくばエクスプレスで輪行です。

つくば駅からりんりんロードに出ようと思っていました。そこまで行けば信号もないしわかりやすいだろうと思っていたのですが、そこまでが大誤算。最初の曲がる道を間違え、曲がるべき場所を直進し、ようやくりんりんロードに着いたときには、既に10キロを走っていました。そして、りんりんロード上には「土浦から10キロ」の里程標が。土浦まで輪行してもよかったかも。



りんりんロードを筑波山へ

不動峠に登りたかったので、国道125号と交差するあたりでりんりんロードを下り、大池を目指しますが、またここで左右を間違えたり、曲がる場所がわからなかったりと悪戦苦闘(笑)。

しかし本日最大の間違いは、不動峠から表筑波スカイラインに入ろうとしたとき。逆に曲がってしまって、なんとパープルラインを朝日峠方向へ。パープルラインは本当に気持ちよくて、まあ往復するのもよかったはよかったのですが、なんだかんだと登り下りの激しいルートで、足削られまくりました。



不動峠を再通過して、こんどこそ表筑波スカイライン。風返峠からつつじヶ丘まで上がって休憩しました。

今度は筑波山口方向へ下ります。途中で今回の目的地(ここまで来るのにどんだけ苦労してるんだか)筑波山梅林へ到着。駐車場は有料ですが、自転車はそのまま入れます。人が多いので下りて押しましたが、特に止められることはありませんでした。ただ、登り下りで痛めつけられた足に、歩きの登りは案外つらかったです。

筑波山梅林



駐車場前には白梅3分、紅梅満開と書いてありましたが、紅梅7分、白梅1分という感じです。今日までの予定だった梅祭りも、25日まで延長されたそうですが、本当の見頃はもう少し先かもしれません。そろそろ桜も咲きそうですね。

見晴台から、白梅はまだこれから


本当は筑波山を30キロ程度で周回して、そのまま江戸川を経て家まで自走しようかと思ってましたが、そもそも若干寝坊し、動き出すのが遅かった上に迷いまくったせいで、下山したときは既に走行距離50キロ、時間も14時半を回っていました。そのままりんりんロードへ土浦へ出ることに。途中、立派な白梅(だと思う)が満開になっていました。



りんりんロード脇の白梅


りんりんロードは、鉄道の廃線を整備しただけあって、どんな道路よりもまっすぐで、そして平坦なところがすばらしいと思います。たまに元踏切だったと思われる場所が一般道と交差するので、そこがちょっと怖いですが、自転車道としては最高の部類に入るのではないでしょうか。終点は土浦駅。駅前まで車道を走ることなく到着できます。土浦から常磐線で荒川近くの北千住まで輪行、そこから荒川を自走して帰ってきました。

というわけで本日のルート(秋葉原までと北千住から自宅までを除く)。不可思議なはみ出し線は、迷っていた場所です。



土曜日が雨で、今月も500キロ達成は難しくなってきました。。。来週末どれだけ走れるかでしょうか。

2012年3月11日

[自転車]河津桜と天城越え

日曜日はお天気が回復するという話だったので、見頃を迎えたという河津桜を見るついでに、今年初の峠越えをしようと伊豆に行ってきました。

河津桜は確かに満開。思ったほど天気が回復しなかったからか、それとも単に朝早かったからか、思ったほどの混雑でもなく満開の桜を見ることができました。川沿いの道を自転車を押しつつ散策、峰温泉の辺りで国道に出ましたが、国道からの遠景のほうがよかったかもしれません。そろそろ葉が出てきているので、明日明後日くらいまででしょうか、次の土日では遅いように思います。




問題はそこから。回復したとは言っても、山の中はかなり不安定な天気でした。霧雨が降ったかと思うと、突然晴れたりと、かなり天候に振り回されながらの峠越えです。ループ橋は思ったほどの斜度ではなく、その割に高度を一気に獲得できるので、案外よかったです。河津七滝を過ぎた辺りから出てくる斜度10%の坂がつらかったでしょうか。ただ全体としてみると標高は600mくらいなのでそれほど大変ではありません。なんとか新天城トンネルへ。



この天城トンネルがめちゃめちゃ怖い。長い上に真っ暗で、道路がほとんど見えません。若干下っているので、かなりスピードは出るのですが、何しろ何が落ちているか分からないトンネルの中、あかりが見えるまで生きた心地がしませんでした。あのトンネルどうにかならないのかしらん。ちなみにトンネルを抜けて少し下りたところにある道の駅 天城越えには、ロード用の自転車スタンドがあり、実際に自転車がかかっていました。悪天候にもかかわらず、途中何度も自転車に会いましたし、自転車がいないわけではありません。なのにあのトンネルは、自転車が通るようにはできていないように思います。

トンネルを抜けると霧雨で、高度を上げてきた分気温も下がってきて寒くなってきました。河津では満開の桜を見て春の気分になっていただけに、その寒さが厳しく感じられます。下るにつれて暖かくはなってきましたが、今度は自動車が増えて月ヶ瀬のあたりから渋滞に。狩野川の反対側を走る県道へ逃げたところ、これが大正解。途中までは狭い道でしたが、大部分は広くて綺麗な道でした。

今日の〆は三島のうなぎ。桜家に行ってきました。自転車を置く場所もばっちりあります。並んでましたが、お店も広いし、並ばせることになれてるので、30分くらいでお店に入ることができましたが、うなぎだけに出てくるまでに20分くらいかかりました。でもおいしかったですよ。

というわけで本日のルート。河津桜の季節は、天城峠から河津へ向かって国道が渋滞します。逆ルートは走りやすくはないかもしれません。また、天城トンネルは本当に暗いですから、前後のライトは強力なものを用意することをおすすめします。河津側から入ると下り、三島側から入ると登りです。立派な道の駅が要所要所にありますので補給には困らないでしょう。ただ、天城越えという目的が無ければ、峠としてはあまり魅力的ではありません。残念ながら。