2016年5月22日

[自転車]那須岳に登る


那須には一度行こうと思っていたのですが、なんか時期を逃して大分経ってしまいました。今年は今まで行ったことのないところを主に回っているのですが、そんな穴埋めルートのひとつ、那須岳に登ってきました。天気予報は微妙だったのですが、午前中に登って、午後早くに戻ってくれば大丈夫かなと決行。

今日のルートはCyclist Welcomeの那須岳峠の茶屋ヒルクライムルートを輪行版にアレンジしたものです。

まずは那須塩原まで輪行です。那須塩原駅は結構久しぶりです。前回来たのは日塩もみじラインを通って鬼怒川に行った時でした。でもこんなに牛乳推しだったかしら。「日本一」じゃなくて、「本州一」なのが微妙。駅員さんのいる窓口も、枠が牛模様になってました。


市街地を抜け、那珂川を渡ると徐々に山の中へ入っていきます。遠くに本日登る那須岳が見えてきました。


那須塩原駅が標高約300m弱、ゴールの峠の茶屋は1400m、そこまで約42kmです。大体1100mを登りますが、前半は比較的緩やかです。むしろ向かい風のほうがきつい区間でした。ゆるゆると登っていると、見慣れたパッケージがでーんと道端に。


さすが本州一の生乳生産の町。でも残念ながら我が家の近くのスーパーは岩手県から牛乳を仕入れていて、那須高原牛乳は見たことありません。

このすぐ先にりんどう湖ファミリー牧場、もとい、りんどう湖LAKE VIEWがあります。大昔、よく家族で来ました。今も営業しているようです。走りながら思っていたのですが、那須は自然や景色が素晴らしいのに、なんか箱物が多いんですよね。観光牧場とか、昭和的なレジャー施設とか。同時に廃墟も多いんです。明らかに廃業したまま放置されているホテルや土産物屋などが散見されます。以前、塩原温泉方向へ走っていた時は非常に綺麗で走りやすいと思った道路も、この辺りは穴や段差が多く、あまりメンテナンスされていないようにも思います。

県道21号をクロスして、県道68号へ進みます。景色もよく、路面も綺麗でこの日一番走りやすかった道路でした。大分登ってきました。


しかし、那須岳はまだまだ先。高度計の標高は上がっていますが、まだ500mにも達していません。先は長そうです。今日登る那須岳は別名茶臼岳とも言い、山頂部分は15世紀の噴火で出現した溶岩ドームです。白い帯は火山ガスの通り道らしく、その辺りから上は草木が生えずハゲ山になっています。標高2000mにも満たない山ですが、その山容は厳しく、一度見たら忘れられない特徴的な形をしています。


フラワーワールドの角を曲がり、いよいよ那須岳の方向へ。ここからがヒルクライム本番です。ここまで1〜2%だった上り坂の斜度が5〜7%になり、標高が一気にあがります。しかも坂が直線的で非常に辛い。


この直線道路の途中にアルパカ牧場があります。日本で最初のアルパカ専門牧場なのだそうです。こんな時間じゃまだ出てないかなーと思ったら、金網の向こうの柵にアルパカが!変な恰好をした奴が止まったので気になったのかもしれません。こっちを見てくれました。


アルパカを見ていたいけれども、まだまだ目的地は先です。というか、こんなに苦労して登っているのに、那須岳の頂上が近づいてきているように思えないのが不安です。


どうぶつ王国を過ぎ、ロープウェイが見えてきました。そろそろボトルの麦茶が無くなりそうなので、駐車場に自販機を見つけて休憩しました。トイレもベンチもあるので休憩にぴったりです。でもさすが山の中の観光地です。なんと水が200円もしました。

ここからは少し長い下りが2回あります。上りもカーブが入って楽になりました。県道17号との交点にあるのが、八幡崎。ここにはツツジの群落があり、今がちょうど見頃です。ここまでの山中も新緑の中に赤いツツジがちらほら見えてとても綺麗でしたが、こうして固まっているのを見ると素晴らしいですね。平地も一望できます。条件が整えばスカイツリーも見えるそうです。



ここから大丸園地まで約2km、そして大丸園地からさらに峠の茶屋までの2kmが、今回のルートの最大の山場です。平均8%の上りは休む隙なし。特に最後の2kmは、美ヶ原への上りを思い出しました。あまりにつらくて数キロなのに何度も足つきました。


峠の茶屋到着。正面は朝日岳です。一番上まで来たのに、ここからは那須岳の山頂は見えないそうです。那須塩原の市街地から那須岳に登るルートはいくつかありますが、最後は県道17号へ収束し、そしてその県道はここで行き止まりです。そのため行楽シーズンはロープウェイや峠の茶屋の駐車場待ちという渋滞が発生するのだとか。大丸園地より先をマイカー規制してしまえばいいと思うのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。この日も駐車場に入れない車の路上駐車が発生していました。


下りはその県道17号へ。ここから那須湯本温泉までは、かつてボルケーノハイウェイと呼ばれた旧有料道路です。2009年まで料金を徴収していたそうです。今も活発に活動する那須岳周辺は標高の割に高い木が少なく、空も飛べるはず、って気分になります。下り坂最高!です。


下っている途中に展望台があります。この展望台、「恋人の聖地」に認定されています。このプレート他所でも見たなと思ったのですが、鷹狩山でした。恋人の聖地ってあちこちにあるんですね。かつて若者を呼べていた観光地に、再び若者を呼び戻そうとしている虚しいプロジェクトらしいです。なるほど、那須も私が子供のころ、つまり高度経済成長とバブル期に、私よりも少し上の「若者たち」によって支えられ、栄えた観光地だったのでしょう。実際に当時よく来ましたし。大丸園地にもその頃に作られたのであろういかにも「清里的」な施設(温水プールだったらしい)が廃屋になって無残な姿を晒していました。


でもここからの景色は確かに素晴らしい。なだらかに広がる緑の裾野と、広い関東平野を一望できます。360度の絶景です。


少し下ると、つつじ吊橋があります。先ほど通った八幡崎から、那須湯本温泉にある殺生石まで整備された遊歩道(参考:那須自然遊歩道散策マップ)の途中に架けられているものです。


もうこれ絶対秋が綺麗でしょと思いました。吊橋はかなり揺れるので怖いです。吊橋効果、あると思いますよ。


この辺りまで下りてくると、強い硫化水素臭がしてきます。那須湯本温泉到着です。那須湯本に温泉神社という神社があり、お参りしてきました。


ここには、こんな自転車お守りが売っているんです。


お昼は那須牛を使ったバーガーに牛乳にしました。あれだけ牛乳フィーチャーされたら、牛乳飲まざるを得ないでしょ。


ここからは快適な下り。温泉街を抜けると落葉広葉樹の森に突入し、緑のトンネルが続きます。両側は御用邸の用地です。ここで下から登ってきている人と何人かすれ違いましたが、ここを登るのはつらいなー。まっすぐなんですもの。


最後は黒磯温泉のかんすい苑覚楽で温泉に入りました。宿がやってる外来入浴は良いですね。基本的に宿泊客はそんなに早くに来ないですし、日帰り入浴とか大きく掲げてない限り、ふらりと入ってくる客はあまりいないので、中途半端な時間に行けば大浴場を独占できます。こちらは14:00-21:00まで受け付けており、800円でした。泉質はナトリウム-カルシウム-塩化物・硫酸塩泉。湯温が低く(29.6度)、そのために加温しているそうですが、ややぬるめのお湯でゆっくり浸かれる感じでした。ちょっとだけ残念なのは、バイクラックがあるのですが、玄関前でもない少し離れた土手上の不安定な場所に置かれていて、自転車を掛ける気になれなかったところです。せめて玄関前の平地においてもらえると良いのですが。

予報通り雨が降りそうだったので、近い黒磯駅から輪行しようかと思い駅まで行ってみました。私は普段、東海道線上野東京ライン直通黒磯行きで帰ってくる事が多いのですが、その終点である黒磯駅を初めて見ることができました。東海道線から東北本線へ接続する最も遠い終着駅ですね。

黒磯駅前まで来ると、まだ空が持ちそうだったのに加えて、ものすごい追い風だったもので、結局那須塩原駅まで自走しました。雨にはギリギリ降られず。切符を買って新幹線を待っていると、那須岳の方向が真っ白になっていました。レーダー見ると、やっぱり雨のようです。本当に間一髪でした。やってきた新幹線は、窓に水滴が付いていました。


今度は秋に行ってみたいです。絶対秋綺麗ですよね。でも道路も混みそうだなあ。

本日のルート

2016年5月9日

[自転車]水がはられた棚田巡り(十日町・妻有)


昨年、ルートを変えて2回行った妻有と十日町。昨年は初秋でした。今度は田植えが始まらないこの時期に、水だけがはられた棚田を見に行こうと、再び行ってしまいました。相当お気に入りです。

GW最終日の日曜。ガラガラの上越新幹線に乗って越後湯沢まで行き、そこからほくほく線の犀潟行きに乗り換えます。ほくほく線はワンマン列車で、下りるときにバスの運賃のように料金を支払います。運転席の上のほうに電光掲示板があり、乗車駅別に料金が表示されています。最初は280円だった越後湯沢からの料金は、まつだい駅で860円になりました。そんな高かったかなーと1000円札を用意していると、なんとまつだい駅の隣のほくほく大島駅までの料金が1040円に。豪雪地帯だし、路線のほとんどがトンネルと高架で維持が大変なんでしょうね。。。

ほくほく大島駅で降りたのは私一人でした。面白い駅でした。トンネルとトンネルの間にある高架に駅のホームがあります。そのため駅は3階建て。上越市統計要覧によると、1日平均の利用者数は70人強のようです。そんな利用者の少ない駅の割に、3階はまるで集会所のような雰囲気の待合室で、自販機もあります。

というわけで、誰もいない駅から出発です。


走り始めると、さっそく水がひかれた田んぼが見えてきました。お天気もよくてサイクリング日和です。


ちょっと登ると、雪をかぶった山が幻のように見えてきました。


最初のビューポイント星峠。緑の稲が伸びてきている時期とはやはり大分印象が違います。


赤いトタン屋根に板張りの家は、この辺りの特徴な気がします。町の中心地に行くと違う色やコンクリートの建物もありますが、山の中を走っていると緑の中に赤い屋根がぽつぽつ見えて、とても綺麗です。


水がはられただけの田んぼは、見る方向によって映るものが違って面白いです。


松代までおりてきて、国道253号を少し行き、すぐに林道に入ります。起点標によると「林道田沢下山線」という名前のようです。最初少し坂がありますが、林道というよりも丘を行く気持ちの良い道路です。


新緑が綺麗でした。


この林道をずっと行くと県道427号にたどり着きます。以前はここから十日町方向へ行ったのですが、今回は松之山の方向へ。少し行くと非常に古びてひしゃげている標識にがなんとか立っており、かすれてほとんど見えない文字で「この先赤倉まで自動車は通行できません」という不穏な言葉が書かれていました。私は自転車だから「自動車」ではない。それにバリケードになっていないから大丈夫だろうとそのまま行きました。後で知ったのですが、この新潟県道427号は、「険道」として有名だそうですね。そう言われてみると、以前十日町へ行くのに通ったときも、「県道と思ってルートを引いたけれど、間違ったか」と思うほど、落石がゴロゴロしている極悪道路でした。松之山方向もかなり酷いです。道路が極端に狭いのです。グーグルカーが通っている形跡があるので、実際は車幅ギリギリくらいあるのかもしれませんが、片側は崖でガードレールもありません。しかも何箇所か路肩が崩れているところもありました。もちろん落石や折れた枝もごろごろ。ブラインドカーブが多く、なかなか気を使う道路です。一方で、妙に路面が新しい箇所もあります。立て続けに起きた中越地方の地震や、冬の雪崩や大雨などで、補修しては崩れが繰り返されているのかもしれません。

下の写真は、そんな酷道区間を通過して、集落の端に出たところで撮ったもの。相変わらず崖側は間隔の空いたポールのみ。雪の時期のことを考えると、ガードレールを作っても無駄なのかもしれません。


やはり集落に出てくると綺麗です。


棚田の多いこの地域、すごいところに集落が作られています。反対側の崖には、あちこちにがけ崩れの跡が見えます。積雪による雪崩はもちろん、地形や地質自体の問題もあるのかもしれません。


国道117号沿いにある中華料理屋「かどまん卯の木店」でお昼を食べ、最後の峠へ。昨年9月には越後湯沢から登った十二峠です。

大地の芸術祭の常設展示「たくさんの失われた窓のために」は強風のせいか、カーテンの片方が窓枠に巻き付いてました。


以前十二峠からこちらへ下ってきていた時は、かなり長い坂の印象があったのですが、実際に走ってみると下りもあり、だらだらと登る感じで、それほど厳しくはありませんでした。最後の最後、清津峡の集落から峠のトンネルまでの約3kmが本格的な上り。峠はながーいトンネルですが、ずっと下りなのでまだましです。トンネルを通りながら、昨年よくこれを登ったなと思いました。

トンネルを抜けると、越後山脈の山が見えました。


湯沢まで国道を行き、最後は越後湯沢温泉の共同浴場山の湯でお風呂。越後湯沢温泉には、一般人も使える外湯が複数ありますが、中でも最も古く、唯一の硫黄泉で、しかも100%源泉掛け流しです。「夏場など熱い時は利用者相互に協力して水を入れろ」という、湯守が聞いたら卒倒しそうな張り紙がされてますが、そんな素朴な感じも共同浴場です。シャワーが無いのは少し不便ではありますが、いわゆる共同浴場と違ってシャンプーとボディーソープは備え付け。ちょうど中途半端な時間だったのか、先客のおばあさん一人で、ほとんど独り占めでした。さっぱりしたところで、1.5km先の越後湯沢駅から輪行です。ちょうど私が乗る新幹線の直前に新潟行きの現美新幹線が出るところで、見ることが出来ました。



現美新幹線はどうなんでしょう、GWも含めて残席あります、みたいな情報が流れてましたが・・・。そもそも乗り鉄も、鉄道に乗り車窓を見たりするのが目的なわけで、その中に現代アートは無くても良いんじゃないかとも思ったりするのです。しかもこの新幹線、多くの窓が潰されてて外の景色が見えなさそう・・・。東京ー越後湯沢間ではなく、越後湯沢ー新潟間というのも私としては乗りにくいです。

というわけで、再びガラガラの上越新幹線に乗って東京へ戻りました。上越新幹線は空いてますし、魚沼地方は景色も良いですし、私の中ではおすすめです。今度は紅葉シーズンに来てみたいな。

本日のルート


2016年5月1日

[自転車]岩手山半周桜めぐり


ゴールデンウィークは雪を見に岩手に行こうと前から思っていました。八幡平アスピーテライン・樹海ラインです。というのも、ゴールデンウィークのこの時期だけ、東京6:00発の新青森行き臨時のはやぶさが設定されていたからです。通常期、はやぶさの始発は6:32で30分も違います。連休初日は新幹線が混むので翌日の4月30日に行くことにしました。

4月29日は荒れた天候の日でした。北海道や東北の山は吹雪となり、かなりの積雪があったそうです。アスピーテラインは29日は全日通行止めでした。この時期だし、1日経てば大丈夫かなと思っていましたが、結局30日も朝から終日通行止めが決まりました。想定はしていたので、とりあえずアスピーテラインの入り口まで行ってみて、後はちょうど見頃らしい桜をめぐって帰ってこようというプランに変更。桜も見たかったのですが、アスピーテラインはとても登ってみたかったので残念。近いうちにまたチャレンジします。

さて、盛岡着8:13。4月30日は連休の中日ということもあってか、臨時の新幹線は異常に空いてました。こんなに空いている新幹線に乗ったのは、通常の土日を含めても初めてかもしれません。1車両に半分も乗っていなかったのではないでしょうか。来年もこの電車が設定されることを祈ります。盛岡駅からは、いわて銀河鉄道へ乗り換え。かつてカシオペアで札幌へ行った時に、この線路は通っているのですが、列車に乗るのは初めてです。第3セクターとしては毎年黒字で頑張ってる鉄道だそうですが、欲を言うならば新幹線ともう少し接続が良いと嬉しいと思うのでした。


好摩で下車して八幡平を目指します。


「こうま」の駅の文字の下に啄木とあるのですが、ここは啄木のふるさとの駅だそう。本当は渋民の人だそうですが、当時は駅が好摩にしかなく、上京するときはこの駅を使ったそうです。そんな歴史のある駅であり、花輪線の始発駅でもあるのですが、あまり大きくはありません。

ここから八幡平までは正面左側に岩手山が見える絶景ロード、のはずですが、まだ昨日の低気圧の影響が続いているのか、山は雲に覆われています。


でも確かに桜は見頃のよう。田んぼや牧草地が広がる風景に、時折かたまって現れる桜が綺麗です。


八幡平に行くまえに少し寄り道。為内の一本桜が大更の近くにあり、そこを目指しました。


為内の一本桜は、小高い丘の上に咲くソメイヨシノです。強風に煽られてやや左に流されているように見えますが、文句なしの満開でした。

ここからアスピーテライン入り口まで上り。ただ、上りよりも山から吹き下ろす雪混じり(?)の強風のほうがきつかった。上は青空が見えているのに、何故か顔に冷たい水が当たります。

八幡平に近づくにつれてお天気は回復、桜の向こうに新たに雪をかぶった山が見えてきました。


しかし、やはり入り口には通行止めの看板が立っており、交通整理のおじさんたちが対応にあたっています。仕方ありません。実際は御在所沼にあるゲートまでは登れるのだと思いますが、風も強いのでここで引き返すことにしました。この看板の向かい側に物産館があるので、そこで少し休憩。観光協会の情報によると、山頂はマイナス8度で強風だそう。たとえ道路が問題なくて登れたとしても、自転車では危険そうです。


もともとアスピーテラインを上り、樹海ラインを下ってくる予定だったので、樹海ラインの出口方向へと向かいました。約40kmの上り下りをショートカットしたことになります。


下りの途中に上坊牧野の一本桜があるのですが、残念ながら未開花。ただ、天候の回復と共に岩手山も9割くらい顔を出してきました。新たに雪化粧しただけに、裾野の方まで綺麗です。


焼走り線という県道に出ますが、そこの桜並木が美しいのです。本来なら正面が岩手山なのですが、やはりまだ隠れてます。


一度国道に出て南下し、その途中道の駅にしねでお昼にしました。西根という地域はほうれん草が特産品だそうです。そのために強くほうれん草推し。ほうれん草カレーに、ほうれん草のソフトが売っていました。最初緑のソフトを持った人を見て「抹茶ソフト」を売っているのかと思いましたが、なんと「ほうれん草ソフト」、「ミルクソフト」と、「ほうれん草とミルクのミックス」しかないという徹底ぶり。さすがにソフトクリームを食べる気温ではなかったのでパスしましたが、夏に来たら食べてみたいかも。というわけで、お昼にはひっつみをチョイス。秩父ではおっきりこみを食べ、山梨ではほうとう、長野でひんのべ、そして岩手でひっつみを食べる。今年の春の花めぐりは、ひたすら粉モノ(?)を食べた1ヶ月でした。元々小麦粉を使った「すいとん」っぽい食べ物が好きなんですけどね。一番好きなおでんの具がちくわぶだったりしますし。

道の駅を出るときには、すっかり青空が広がり、岩手山が見えてきました。あとちょっと!



自衛隊岩手山演習場を迂回して、岩手山の南側に回ります。何故か自衛隊の演習場の周りは桜が綺麗です。


微妙なアップダウンにやられながらも、たまに現れる山桜に癒やされながら進みます。


木々の隙間から牧草地が見えてきました。次の目的地まであと少し。


小岩井農場の一本桜に到着!一本桜が見える道路は駐車場待ちの車で大渋滞でした。肝心の一本桜ですが、今年は花芽が少なく寂しい感じなんだそうです。確かに観光写真で見る桜と比べると、ボリューム感がないです。


でも、農場を貫く県道の桜がとても綺麗です。




桜並木の道路を下って行き、駅を越えて繋温泉のホテル紫苑で日帰り入浴してきました。pH8.5というアルカリ性の単純硫黄泉です。とても温まるお湯でした。お風呂に入っているうちに、すっかり天気もよくなり、岩手山が完全に見えました。


小岩井駅から輪行です。


盛岡駅まで戻り、駅前のぴょんぴょん舎で少し早い夕飯、そして駅ビルの中に出来たベアレンの直営店で樽生ラードラーと、おつまみのソーセージを頂いて新幹線で再び東京へ。帰りは新函館北斗から来た新幹線だったのですが、盛岡でも仙台でもかなり下車する人がいて、しかも大概の人が函館土産を持っていたので、東北ー北海道(というか函館)は新幹線開通によって格段に近くなったんだなと思ったのでした。

アスピーテラインは列車を選べば日帰りできそうなので、今度はお天気の良い日に登りたいです。

本日のルート