2016年8月7日

熱気球と新豊洲周辺


今年も東日本大震災復興支援と銘打った熱気球体験がそなエリアで開かれてました。風に弱い熱気球にとって海に近いベイエリアは意外と気を使うことも多いらしく、早朝から開始されます。早朝は風が比較的穏やかだからだそうです。ただ、この時期にしては珍しく南から直行で台風が近づいてきているためコンディションが悪く、今年は初日の昨日は8:00に、この日も8:15に終了したそうです。来年(もあるなら)のご参考まで。人間にとっては気持ちのよい潮風なのですが、熱気球にとっては厳しい条件のようです。手前の地球柄の気球は姿勢が安定できず、直立させるのに苦労してました。

豊洲市場の開場まであと3ヶ月、オリンピックに向けた開発と次々と新しい建物ができているベイエリアですが、市場の突端はとっても綺麗な公園になりつつあります。あの荒廃した雰囲気がとこかへ行ってしまいました。


市場の周りの水際をぐるりと囲む「豊洲ふ頭内公園」は「ぐるり」という名前で約5kmのランニングコースになります。今も豊洲-お台場間を走る人は多いのですが、ここが開くと結構人気になりそうですね。市場が開けば市場飯という楽しみもできそう。11月13日に開催される「第7回豊洲マラソン大会」は、このぐるりを使います。

市場前駅を越えて左側に建設中なのが、「IHIステージアラウンド東京」。来年3月末からのこけら落とし公演は、劇団☆新感線が行うそうです。