2014年3月30日

深川の桜

昨日は東京の桜めぐりをしてきましたが、もっと近くに隅田川や大横川の桜という名所があります。朝はまだ小雨程度だったのでお散歩してきました。


全体的にはもう少し、という感じ。上の桜は開花が進んでる木です。引くとこんな感じ。


最盛期は本当に綺麗で、全体的にピンクになるんです。ただ、今年は日当たりの良い場所と悪い場所の差が激しくて、咲いてる木はほぼ満開になっている一方で、そうでない木は全然咲いてないというばらつきがありますね。またちょっと気になったのが、桜が花びらじゃなくて花ごと綺麗に落ちてるのが多いこと。そんなものでしたっけ。

大横川では、ヤマタネの古い倉庫のあたりが私は好きです。


佃の桜ももう少しという感じ。


平日の気温にもよるかもしれませんが、来週末がギリギリでしょうか。週末までもつか、それとも水曜日頃が最盛期になってしまうか。ただ、大横川の桜は川に向かって枝が伸びているので、花吹雪もとても綺麗です。深川のさくら祭りは4月20日まで(今日は残念ながら中止だそう)。


2014年3月29日

[自転車]荒川右岸一部開通&東京花見ポタ

荒川の工事が終わったらしい、という話を聞き、荒川偵察ついでに都内の桜を見て回るポタリングをしてきました。



荒川の工事は、堀切橋から少しだけまだ工事中です。迂回路ができていますが、未舗装です。もうあとちょっとなんですけどね。工事期間は4月15日までになっていました。


新しくなったところは盛り土がされたようで、川沿いの広場よりも一段高くなっています。土手上も広い舗装路になっていて、ランナー、自転車、球技等とうまく住み分けされるといいなと思いました。


そして、西新井橋から扇大橋の部分は29日夕方(つまり今日夕方)からオープンと書かれていました。


ここまで小松川の千本桜はまだ咲き始めでした。葛西橋のところの菜の花がとても綺麗でしたが。。。

葛西橋下の菜の花

岩淵水門のところは、まだまだ。一部日当たりの良い部分は咲いているところもありましたが、並木部分はほとんど未開花で、来週末くらいがよいのではないかと思われます。


岩淵水門の桜(上も)

北本通りを戻り、王子から飛鳥山へ。飛鳥山も五分咲きぐらいでしょうか。音無橋両側の桜はそろそろ見頃。


音無橋からの桜(上も)

そこから首都圏公園スタンプラリーのポイントである新宿中央公園を目指しました。途中、駒込駅前、下落合の水再生センターのしだれ桜がとても綺麗でした。六義園の前にはものすごい行列ができています。しだれ桜が満開だそうですが、あの列に並ぶのは別の気合も要りそうです。

駒込駅前


落合水再生センター

新宿中央公園には、タカトオコヒガンザクラ(桜の名所、高遠からいただいたものだそう)が正に満開。スタンプも無事貰いました。

新宿中央公園

北参道のRapha CYCLE CLUB TOKYO予定地を見学したりしながら、六本木へ。ヒルズの坂はもう少しかな。

ヒルズの坂


増上寺はしだれ桜が満開過ぎ。明日雨が降ってしまうと終わりかな、という感じでした。

増上寺

最後に日比谷公園に寄りましたが、霞ヶ関側の池にある桜が満開でした。



日比谷通りを行くと、不思議な青看板が現れます。今日開通する新虎通り(通称マッカーサー道路)の交差点です。


地上部は14時に開通しました。


開通直後に車道を走ったら「自転車道があるからそっちを走れ」と怒られました。確かに道交法上、自転車道がある場合は自転車はそこを走る義務がありますが、これ(↓)は道交法上の「自転車専用通行帯」なのでしょうか。教えて偉い人。ちなみにこの通行帯は、ご多分に漏れず国道15号までつながっていません。いずれにせよ途中で車道に出る必要があります。


というわけで、東京をグルっと回って桜ポタ。ソメイヨシノは都の花ですが、それ以外の品種も含めて本当に桜はあちこちあるなーと思いました。今日はルートを定めずに走ってたのですが、ちょっとしたところに現れる桜を見ながら走るのも楽しいです。

2014年3月22日

[自転車]高尾梅郷



去年行こうとしたのに日程と開花が合わずに行けなかった木下沢梅林に行ってみました。小仏川沿いに点在する梅林を総称して高尾梅郷と呼ぶそうですが、中でも木下沢梅林は花の咲く時期だけ園内を特別開放してくれます。

いつも迷うのが東京を横断する道路。今回は246から世田谷通り→狛江通りで多摩川へ出たのですが、狛江通りくらいから結構混んできてしまっていまいちでした。今日はお天気も良くて出かける人も多かったのかも。多摩川原橋から多摩川サイクリングロードへ。真っ白な富士山が遠くに見えます。


多摩川は歩行者は右側通行、自転車は中央を左側通行という不思議なルールがあるらしく、やはり走りにくいと思いましたが、下流域ほど人も多くはなく、混雑する道路よりはましでした。途中で浅川サイクリングロードへ乗り換えです。


富士山が近づいてきました。今日は本当にいいお天気。



途中、湯殿川のところで下りて北野街道に出たのですが、これは失敗。とても混雑してました。以前通ったときはとても空いてて快適だったのになーと思ったのですが、あの日は平日だったことを走りながら思い出しました。浅川を国道20号まで行けばよかったな。なんとかかんとか国道20号へ。中央線を越えた先にあるY字路を旧甲州街道へ曲がります。すぐに小仏関所跡があるのですが、そこも梅が綺麗。黄色いのはサンシュユかな。



さらにこの旧街道沿いを行くと、両側に梅林が点在しており、ずっと梅の香りが漂っていました。道幅は狭いのですがとても趣があります。この道路は小仏峠の手前まで舗装ですが、その後は未舗装の登山道になるそうです。残念ですがロードで小仏峠を越えることは難しそうです(一応都道指定されてるみたいなんですけど)。

しばらく行き、中央線の線路の下をくぐると、木下沢梅林→の看板がありました。ちょっと登ると、中央道をくぐった先に梅林が広がっていました。


駐車場に自転車を置いて、一周してみました。紅梅は満開。白梅も8分くらいで見頃と言っていいでしょう。私はピンクの梅がお気に入り。とにかくとてもいい香りです。


中も遊歩道みたいになっていますので、花を間近に楽しむことができます。日当たりの加減か、まだつぼみが多い場所もあったので、来週末でも楽しめると思います。


再び高尾から町田街道を南下し、津久井湖近くのレストランでお昼。そこから相模原へ向かいました。相模原北公園で、首都圏公園スタンプラリーのスタンプをゲット。こちらも梅が見頃でした。


尾根幹を通って、行きに渡った多摩川原橋に戻ってきました。そこからはほぼ同じルートで帰宅。135kmで先週よりも10キロ短かったのですが、渋滞と尾根幹で地味に体力を削られて、結構きつかったです。

2014年3月16日

[自転車]第7回首都圏公園スタンプラリーを自転車で

首都圏公園スタンプラリーなるものがあるそうです。最初に知ったのは、葛西臨海公園のツイッターだったのですが、私は「首都公園スタンプラリー」と勘違いし、都内なら自転車で回れるかなーと思ったのです。勘違いでした。「首都圏」でした。スタンプラリーの台紙を葛西臨海公園まで貰いに行き確認したところ、家から最も遠いのは恩賜箱根公園。久喜市、狭山市や、千葉市のほうにもいくつかスタンプ設置箇所があり、全部で20箇所。なかなか硬派です。

とはいえ、目標があると自転車にも乗る気になるので、方角が同じものを大体一緒にして、神奈川の海側、埼玉の荒川周辺、千葉の江戸川周辺で10箇所回ることを目標にし、少しづつスタンプを貯めようと思います。早速今日は2回目(1回目は台紙を貰った葛西)。川崎・横浜を回りました。ちょうど3月11日からしらす漁が解禁になったので、生しらすを食べようと鎌倉も入れるルート設定。




7時半に家を出発、まずは大師公園を目指します。川崎大師隣にある公園ですが、川崎市に住んでたのに実は川崎大師に行ったのも初めて。門前町がとても風情あって良いですね。今度はお団子を食べに行ってみたいです。



横浜を目指し、さらに本牧を経て八景島へ。シーパラダイスの奥にある海の公園で3つめのスタンプをゲット。


六浦から県道に入り、朝比奈から鎌倉方面へ登ったのですが、これが思ってた以上の登りで、途中で足着きそうになりました。横浜おそるべし。しかも滑川から海に出たら、海からの横風が激しく、その風に砂が混じって痛い・・・。なんとか腰越のしらすやさんに着きましたが、まだしらすは豊漁とはいかないらしく、生しらすは定食の小鉢にしか付かないようです。旦那が定食にしたので私はタコ丼にして、生しらすは少し横取りしました。タコも美味しかったですよ。

今日のラストは、川崎市中原区の等々力緑地公園。ところがこの公園広すぎて、スタンプ押印場所が分からずに右往左往してしまいました。競技場の管理事務所に聞き、さらに迷ってテニスコートの管理事務所に聞き、公園の一番端(多摩川に近いところ)にある事務所で無事スタンプゲット。


多摩川に出たところで、河津桜が満開になっていました。ソメイヨシノも楽しみですね。


今日でスタンプは4つになりました。あと6つ。

2014年3月15日

安宅丸で東京港見学

東京都港湾局のTwitterがあるのですが、そのTwitterフォロワー限定乗船会に当たったので参加してきました。ルートはこんな感じ



今日のイベントは、「殿様気分で東京港クルーズ」という名前がついてます。


「殿様気分」の所以は、船が御座船 安宅丸だから。


中はちょっと変わった宴会場みたいな感じ。1階2階にそれぞれ広めの船室(=宴会場)があります。一部貸し切りで宴会もできるみたいです。1階には舞台もありました。

今回は特に食事が出るわけでもないので、多くの人が甲板へ。日の出桟橋を離れて出港です。


築地市場沖辺りでは、環状二号線の架橋が行われていました。

進路を変えて晴海へ。晴海前には水産庁と海洋開発研究機構の船が停泊していました。豊洲側には帆船も。


今度は右折して、一路レインボーブリッジへ。


くぐり抜けると、品川港と青海港に挟まれた場所へ。羽田から飛び立つ飛行機が近いです。


Uターンして、青海客船ターミナルに向かいます。この辺りには、レインボーブリッジをくぐることのできない大型客船が停泊できる桟橋を作る予定があるとか。


青海客船ターミナル到着。約50分の船旅でした。


安宅丸は、定期・不定期に観光船として運行しているようです。夜も綺麗そうですね。

2014年3月8日

[自転車]梅見を兼ねて犬吠埼へ



久々の輪行ライド。実は前の輪行袋が穴開いたり袋の口が破れたりとひどい状態だったので、年末に新しいのを買った(おなじオーストリッチの色違い)のに、ずっと使っていませんでした。今日はお花見を兼ねて海を見に行こうとまずは千葉みなと駅まで輪行。首都圏の市街地を通るのは嫌なので、まずはその部分をワープです。

京葉線に乗るときに、ちょうど日の出の時間でした。


千葉みなとから、しばらく東金街道(R126)を走りますが、路肩が広いのでまあまあ走りやすかったです。県道53に入ってからは、車もほとんどいなくなりました。

しかし今日は寒いです。風が強く、気温も低いので、顔が痛くなってきました。台地の畑は霜が降りて真っ白です。


千葉県はどこもそうなのですが、妙にアップダウンの多い道が続きます。結構な斜度の道に足が削られます。

上を見上げると、尾翼のマークがはっきり見えるくらい近くに飛行機が飛んでいるのが見えるようになりました。成田空港が近いのです。ここからもう少し。梅林まつり→の看板を曲がると、坂田城跡にある梅林に出ます。農家の方々が梅の出荷用に栽培しているもので、公園でも鑑賞用でもないのですが、梅が咲く時期は売店がでているようです。とはいえ、まだ朝早かったので売店は開いてないようでしたが・・・。


それぞれの区画ごとに持ち主が違うのでしょうか、密集しているわけではなく、こちらの畑もあちらの畑も梅が植えられている、という感じでした。ただ、周りが森に囲まれた場所に大量の梅が植えられているので、梅のいい香りが漂っています。


全体的に来週末のほうが見頃かもしれません。

再び県道に戻り、国道126号に出ました。ここからは一路東へ向かいます。この辺りは風が強くて、しかも場所によっては横から後ろからと気まぐれに突風が吹くので、ちょっと気を抜くと持って行かれそうになり、やや気を使いました。相変わらずアップダウンの多い道で、下りで速度が出ると、風に乗って本当に飛べるんじゃないかとも思いました。

犬吠埼の手前で飯岡灯台に寄り道。飯岡灯台→という看板を曲がってすぐの登りがかなりエゲツナイです。でも頑張ると、その先にはこんなカワイイ灯台が。


ここから犬吠埼への道に「銚子ドーバーライン」と名付けられた道がありますが、この道良いですね〜。風がここまで強くなければ、もっと気持ちよく走れたと思います。


犬吠の駅に下りる手前に「地球の丸く見える丘展望館」があります。門をくぐって建物前に来てみると、入館料(350円)を取られるようです。どうしようかと思いましたが、入り口のところにロード用のサイクルラックがあったので、思わず入ってしまいました。サイクルラックが無かったら引き返してたかもしれないので、この効能は大きいですよ(笑)

そして登ると本当に地球が丸く見えます!天気が良い日は350円の価値ありです。本当は晩秋から初冬の空気が澄んだ時期だと、かなり遠くまで見えそうです。ただ寒いんですが・・・。


銚子電鉄の犬吠駅を横目に、犬吠埼灯台へ。一番手前に昭和時代からあるようにみえるイカ焼き屋さんが、徳永英明の「輝きながら」を流してました。一気に昭和時代に戻った気分です。


クリート付きのシューズで登る気にはなれず、見ただけで終わりにしましたが、灯台には子供の時に来て、99段の階段も登ったと思います。約30年後に自転車に乗って来るとは、想像してませんでした。

君ヶ浜を通り、漁港へ抜ける道をまわって (この道路も景色最高)、観音の丼もの屋さんでお昼。銚子駅から特急で帰ってきました。


今日のハイライトは、やっぱりドーバーラインと、犬吠埼からの道路かなー。千葉の太平洋側の海が見える道路は、どこもとても良いですね。風が強いのが難点ですが。