2014年4月26日

[自転車] 高山村のしだれ桜巡り

今年は北上せずに標高を上げて、あるいは桜の種類を変えて桜前線を追いかけています。今度は先週と同じ長野県の上高井郡高山村に行ってきました。渋峠を越えて万座道路で下りてくることも考えたのですが、時間がかかってしまうのと、以前できなかった山田牧場のレッドウッドインでお昼を食べるというプランも考えていたので、素直に長野駅から出発しました。距離もそれほど長くはなく、平地のポタリングのイメージだったのに、結果的には高山村の標高差に打ちのめされた連休初日のお話です。

須坂駅前を通って、県道54号万座道路へ入ります。高山村に入ってすぐ、右側にあるセブンイレブンでちょっと休憩。なんと立派なサイクルスタンドが置かれていました。5月下旬には笠岳からR292までのルートもオープンするはずで、多くのサイクリストがここを通るのでしょう。そんなに特別なことをする必要もなく、こういうサイクルスタンドとか、仏式に対応した空気入れを置いてくれるとか、本当にありがたいです。排除されてない感じがして。


ここから万座と山田牧場の分岐点までの右側に立派な一本桜が3箇所あります。ただ、県道をはずれるとどこも狭い農道のような道。しかも必要なところに道路を造りました、という感じなので、ユイの壁もびっくりな斜度の坂も・・・。小さい案内板に従ってどうにかこうにか登り切ると、確かに立派な枝垂れ桜が現れました。この地区の一番高いところにある神社にある桜だそうです。


高台の開けたところにあるので、遠くから見ても「あれか!」と思うくらい立派な桜ですし、しかも村落の一番高いところから村をずっと見守ってくれてる感じなのがとても印象的でした。


さて、次は赤和という集落にある赤和観音のしだれ桜です。この水中と赤和の間に尾根があって、それを越えればすぐとなり。頑張って稼いだ標高を一度下りて、再び登るのは避けたいので、その尾根をパスする道を通ろうと思っていました。地形図で「ここに道路がある」ことを確認してたのですが、そこに向かうとなにやら立派な(しかも新しい)鉄柵扉が。なんだろう、がけ崩れで通行止めか?と思ったら、「この門扉は野生動物侵入防止のために設置したものです。通過後は必ず閉めてください」と書いてあります。通過後は必ず閉めろと書いてあるのだから、通過してよいのだな、と門を留めている鎖を見ると、確かに外れるようにできています。実はこの辺り、森との境に金網がずっと張り巡らせてあって、しかもそこには電気が通っているらしいです。何らかの野生動物に相当手を焼いているのでしょう。隣の集落と最も便利に行き来できる道路に、こんな面倒な金網を作ってしまうくらいです。後でひょんなことから、この道が「謙信道」の一部とされていることを知りました。今日のハイライトの道(笑)


無事(問題の"野生動物"に遭うこともなく)この廃道的な道路を通過し、赤和の集落の中心部に出ました。桜が綺麗です。


赤和観音は右の山側。つまり再び登りです。観音様の駐車場手前の道路に交互通行の信号があるのですが、道路工事などではなく、桜の時期は車の通行が多いために交互通行にしているようです。工事以外で交互通行の信号を見たのは初めてです。そしてあまりの激坂に私は信号が変わるまでに登り切れませんでした。まー自転車なので問題なかったのですが。。。

赤和観音のしだれ桜は、あと2,3日後のほうが良いかなと思いましたが、やはり立派で美しい桜でした。写真右上のほうに見える赤い屋根がお堂ですが、さすがにそこまでクリート付きの靴で上がる勇気はありませんでした。


硬派な登りの連続に、案外時間がかかってしまい既に10時半。そろそろお腹も空いてきたし、先に山田牧場まで行ってお昼にしようと、山田温泉方向へ直行することにしました。山田温泉までの登り、そしてそこからのつづら折りはやっぱりきついです。2度も登っているはずなのに、よくここからさらに渋峠まで登ったなと他人ごとのように思ってしまいました。

レッドウッドインでランチをいただき、さらに食後に温かいココアを飲んで、再び山田温泉まで下りてきました。山田温泉にはスパインという観光協会兼休憩所があり、ここにもサイクルスタンドがありました。しかも無料の足湯(タオルあり!)もあります。足湯に浸かって、登りで疲れた足を癒やしました。

今度は松川の反対側にある県道66号を走ります。66号の途中にあるのが、中塩の桜。こちらは五大桜の中でも一番早くに咲く桜らしく、枝の先には既に葉が出ていましたが、まだまだ十分見頃です。


この枝垂れ桜は横に幅があるので、下から見ると面白いです。



そこから少し奥に行ったところにあるのが坪井の桜。推定樹齢600年という五大桜の中で最も歴史のある老木です。こちらはお墓に植えられた桜。ライトアップもしているそうですが、夜来るのはちょっと勇気が要りそう。。。



YOU遊ランドのところで川を渡ろうとして曲がると、桜ロードでした。今回写真を出している桜は「信州高山五大桜」と言われる有名な樹木ですが、それ以外にも様々な種類の桜が道を彩っていて、普通に村内を走っているだけでも楽しめます。



高山五大桜の最後は、黒部のエドヒガンザクラ。この桜は一番開けた場所に一本で咲いており、堂々とした姿、という形容がぴったりの桜でした。この桜はもうしばらく後のほうがよさそうです。GW後半でもOKかも。


というわけで、今回は山に散りばめられた山桜とはまた違う、これぞ主役の一本桜を巡りました。どの桜も大切にされているようでしたし、長く花を咲かせて欲しいものです。ただ、桜を見て、お昼を食べるだけに累積標高約1600mというのはやり過ぎだったのではないかと、長野駅に戻ってきてから激しく反省したのでした。


本日のルート。


2014年4月19日

[自転車]桜の郷

今年も桜前線を追いかける旅をしようと、お天気が持ちそうな今日、土曜日は長野県の陸郷に行くことにしました。一昨年だったか、信州さくらだよりを見ていたら、「桜仙峡」という素敵な名前の場所を発見しました。小鳥が作った山桜の名所らしいのです。ただ、若干アクセスが悪い。長野駅からはちょっと遠くて私の脚では再び長野駅までは戻って来られなさそう。いろいろ検討した結果、篠ノ井線で一番近い明科駅まで輪行し、そこから長野駅へ戻ってこようとルートを作成したのでした。昨年は日程が合わず、また桜の状態もよくなかったようです。今年こそ。標高によっては見頃と聞いて出かけてみました。

新幹線が上田をすぎる辺りになると、明らかに桜のピンクが目につくようになりました。桜は非常に時期が短く、そして春を象徴する花だけに、都内で完全に終わってしまったあとに満開の桜を見ると、ちょっとしたタイムスリップ気分です。

篠ノ井線は、長野駅から少し上田方向へ戻ったあと、善光寺平と大町とを隔てる山に沿って松本の方向へ向かいます。この路線は姨捨駅手前で一度スイッチバックし、一段上にある駅に入った後再びスイッチバックして元の方向へと向かうという、鉄分多めな人にはちょっと面白いローカル線です。また、姨捨駅近辺から見える有名な棚田もとても美しく、今度は姨捨駅終着のライドをしてみたいなと思ったのでした。

というわけで、明科駅到着。ローカル線とは言っても、長野と松本を結ぶ唯一の路線のため利用者は結構多かったです。



明科駅手前のトンネルを抜けると、ばーんと北アルプスが見えるのですが、ここからしばらくは手前の山に隔てられ、アルプスを望むことはできません。ただ、その山のあちこちに桜のピンクが散りばめられて、既にとても綺麗です。


写真のつきあたりを左。夢農場へと向かいます。陸郷の桜の郷は、大きく2箇所に分かれています。今日はルート設定の関係で、夢農場周辺(夢の郷エリア)に行きました。もう1箇所谷を隔てた先に桜仙峡があるようです。


山の中を走っていて、桜が増えていくというのを見るのは初めてです。並木というより、適当に生えてる感じです。

夢の郷エリアは、登りの途中にあります。頑張ったご褒美は、山に散りばめられた桜。




この後、ちょっと設定したルートにミスがありましたが、山を登り切って大町方向へ。適当に走ってたら、とっても気持ちのよい道に出ました。北アルプスは少し霞んで、しかも雲がかかっちゃってますね。


県道31号へ入り、再び登りに。こちらの登りは夢の郷に向かうほどの斜度ではないのですが、じわじわと来る長い登りで、久し振りの登りだけに心折れそうになりました。中山高原まで来ると、まだ芽が少し出ただけの菜の花が見えましたが、そんな中でもカフェは営業しているようです。そろそろお昼の時間なので寄り道。



鹿肉のカレーも付け合せの温野菜も美味しかったです。とてもいい雰囲気のお店でした。

さて、県道をひたすら長野駅へ向かうと、小川村を通ります。今日の目的地の2つ目。この小川村も桜が美しい場所だそうです。県道31号は何度か通っていますが、桜の時期は初めてでとても楽しみにしていました。オリンピック道路として白馬側と長野市を結ぶ幹線道路として整備されただけに、若干興趣を欠く道路ではありますが、そんな県道31号の沿線も桜の時期は信じがたいほど美しいです。


小川村は桜ウィーク (PDF)の真っ最中。今日はとりあえず31号からアクセスしやすい二反田地区の桜を見に行ってみることに。予め地理院の地形図で登れそうなルートは確認してたのですが、思っていた以上に私有地的な道路でした。そして桜すごい。




この後も長野市内に入ってからも、ピンクの桜は両側の山のあちこちに見えます。まるで山が春を祝っているようでした。

ソメイヨシノを中心に、山の上ほうはまだ未開〜2分咲きくらいの場所もあったので、まだまだ楽しめそうですね。

本日のルート

2014年4月12日

[自転車]印旛沼のチューリップと桜

今年は都内の桜で結構満足してしまったので、あまり桜前線を追いかけるモチベーションが上がらず、今日は輪行せずに少し遠い印旛沼に出かけてみることにしました。

前回印旛沼に行った時は、木下街道から国道464を使ったのですが、このルートは改良する必要があると思っていました。今回はもう少し先まで国道14号を行って、新川の支流から新川のサイクリングロードへ入るルートを設定してみました。特に道の駅やちよからのサイクリングロードは、とても気持ちよかったです。並木は桜のようなので、桜の時期は混みあうのかもしれないですね。


途中から県道指定されているこの自転車道を走って行くと、いつのまにか印旛沼沿いに出ます。チューリップで有名な佐倉ふるさと広場もサイクリングロード沿いにあります。



色とりどりのチューリップが広大な土地に綺麗に植えられています。観賞用でもあるのでしょうけれども、球根ごと掘り出して持って帰れるチューリップ堀り取り販売も行っていました。

菜の花畑もあり、綺麗な色のチューリップをさらに華やかにしてます。


道路は駐車場に入ろうとする車で大渋滞でした。来場するなら車じゃないほうが良いかも。ちなみにサイクリングロードは歩行者もちらほらいましたが、全く混雑してません。

北側の印旛沼の近くに、吉高という集落があり、そこに大きな桜があるそうなので、お昼前にちょっと寄り道。確かに立派な桜です。


この桜は本当に見頃が短いそうで、2,3日で葉が出て散ってしまうとか。確かに葉が目立つ状態になってきていましたが、時折吹く風に花びらが盛大に舞い、訪れた人々から歓声が上がってました。


吉高の大桜は少し高いところにあるのですが、印旛沼沿いの鰻屋さんでお昼にしようと下りて行くと、まるで海が見えてくるような感じです。印旛沼広いです。


帰りは北総線沿いの国道を使って帰ってきましたが、鎌ヶ谷からの道はもう少し検討の余地がありそうです。千葉は本当に道路の選択が難しいです。


2014年4月6日

[自転車]小松川千本桜

今日は朝と昼過ぎから天気が悪いようなので、日が差してきたところで近場に花見に行こうと、荒川ロックゲート先にある小松川千本桜に行ってきました。荒川からの冷たい風にさらされるからか、この桜は都心よりは若干遅い印象があります。まだ十分見頃でした。


こんなに立派な桜並木なのに、人があまりいなくて静かなのが良いです。


この桜、かなり長い距離続いてまして、ロックゲート先から、船堀橋、新小松川橋の辺りまで続いています。ソメイヨシノだけでなく、大島桜や、その他の種類もあるようです。

桜とは関係ないのですが、この小松川の桜並木は江戸川区に属するようです。この土手の向こう側に旧中川が流れていて、その川を渡ると江東区です。東京都の東側(特に隅田川よりも東側)は区境が入り組んでいて、その線にいろいろなドラマを想像してしまいます。

川の駅(中川船番所資料館裏)で少し休憩して、小名木川沿いをのんびりポタリング。スカイツリーのおかげで、運河沿いをめぐる船ツアーも流行っているとか。小松川は護岸が綺麗に整備され、遊歩道になっていました。自転車は入れないので、「旧護岸」の外側を走ります。

しばらく行くと途中で横十間川にぶつかるのですが、そちらも素晴らしい桜並木でした。


次に当たるのが、江東区の深川地区を縦横無尽に流れる大横川。江東デルタを走っていると、本当に運河の街だと思いますし、その運河はどこもかしこも桜並木です。


きっとスカイツリーから江東デルタ地帯を見ると、川に沿った桜がピンクのラインに見えるのではないでしょうか。そして、川沿いは少し涼しいからか、桜の持ちも良いようです。


2014年4月5日

乾通り一般公開

天皇陛下の傘寿記念で、皇居乾通りの春季一般公開が4/4〜4/8の日程で行われています。坂下門から乾門まで、普段なら入れない大都会のど真ん中にある秘密の花園?へ、行ってきました。

少し待つつもりで早めに到着。9時過ぎには二重橋のあたりまで列が伸びてしまったからか、突然列が動き始めました。坂下門前の手荷物検査テントを抜けて一時待機。結局9時半前くらいに門が開き、最初の組で入ることができました。後ろの組は少しづつ様子を見ながら入れていたのでしょう。乾通りを通っているときは、一回手を離したらもう二度と会えないような異常な混雑ではなく、結構ゆったりと桜鑑賞ができました。

まずは坂下門をくぐります。実は坂下門は逆からくぐったことがあります。一般参賀の時に出口として使われていました。乾門も出口として使われることがあるので、乾通り自体は正確には一般参賀時に通ることができる可能性があります。しかし、正月も天皇誕生日も季節が真冬なので、桜の花や紅葉を鑑賞できるのは今回(と秋季)の一般公開だけです。



立派な松の向こうに、ソメイヨシノが見えてきました。やはり雨のためか若干見頃過ぎかもしれません。




宮殿につながっていると思われる道路にも、そこかしこに桜が植えられているようです。




桜の向こうに見えるのは、お堀の石垣の内側です。この高い石垣とその上に植えられた樹木のお陰で、周りの近代的な建造物が全く見えません。道路が舗装されていることを除けば、ちょっとしたタイムスリップの気分です。




たまに出てくる今は使われていないように思われる建物も気になります。相当古そうなのですが・・・。




ハイライトは、道灌壕と呼ばれる場所。ちょうど満開の紅枝垂れ桜が素晴らしいです。まるで花火のよう。




道灌壕の森にところどころ白く咲く桜も綺麗です。もう少しすると桜吹雪で壕が埋まるのかもしれません。落葉広葉樹の若葉も見えるので、秋もきっと綺麗でしょう。




この先で分かれ道があります。乾門はまっすぐですが、東御苑の方向へ曲がる道もあり、そちらから東御苑に向かうことも可能です。ただし、選択できるのはどちらかだけ。東御苑の方向に行った後で戻ってくることはできません。我々は乾門へまっすぐ向かいました。




乾門を出ると、現実に戻った気分。車が沢山通るいつもの皇居周回路に出ます。そして今日もJさんは周回練習をしていました(^^)。門の外でおじゃましましたと一礼し、横断歩道を近代美術館の方向へ渡りました。千鳥ヶ淵緑道に入ります。


千鳥ヶ淵の桜も綺麗ですが、その手前の高速道路もすごいなと思いました。もしかしたら散歩道からの景色を妨げないように水面ギリギリまで低くしているのでしょうか。

千鳥ヶ淵公園の桜も綺麗でした。



さて、ここからついでにRapha の春の新作展示会へ行こうと思っていたのですが、思ったよりも門が早く開いてしまい、展示会の開場時間(12:00)までかなりあります。時間つぶしに歩いていくかと、そのまま新宿通り〜外苑東通り〜信濃町メーヤウでお昼〜千駄ヶ谷三丁目にあるRapha Cycle Club TOKYO予定地へ徒歩で到着。




気になっていたアームスクリーンが肌触りもよくてやっぱり欲しくなったので、旦那とオソロで買ってしまいました。5月オープン時には、ちゃんと駐輪場も作るそうですし、店舗出発のライドイベントも行うそうです。楽しみですね。