2009年4月29日

[movie]スラムドッグ$ミリオネア

原題: Slumdog Millionaire
監督: ダニー・ボイル
出演: デブ・パテル フレイダ・ピント イルファン・カーンほか
2008年/英/120分/カラー/

ボンベイのスラムで育ったジャマールは、クイズ・ミリオネアで1000万ルピーの問題をクリア、翌日2000万ルピーの最終問題へ進むことになる。ところが教育も受けていないスラム育ちの孤児の快進撃を不審に思われたジャマールは、警察でいかさまの方法を話せと拷問を受けるはめに。しかし、それらは暴動で母を失い、兄のサリームと共に生きていくために様々なことをやった、その人生で得た様々な知識から出たものだった。

クイズ・ミリオネアの問題と共に、ジャマールとサリーム兄弟の半生が描かれる映画。それは時に喜劇、時に悲劇で、あらがいがたい魅力があり、気づくと我々も聞き手である警察官と同じく「それで?」と促したくなるのです。構成がしっかりしていて、映画としての見せ方が良いなあと思った作品でした。

この作品、2月に『チェ28歳の革命』を見たときに「あーなんか面白そうな映画やるなー」と思い、手帳に付箋貼ってチェックしてたものだったのですが、予告編を見る限りはインドが舞台、しかも喜劇系っぽかったので、まさかアカデミー賞獲るとは思わず。恐らくアカデミー賞でここまで話題にならなければ、同じ東宝系の日劇などではなく、シャンテで上映ということからして、きっとマイナー作品として単館系の映画館で上映されて終わり、だったのでしょう。が、大番狂わせでアカデミー賞作品賞を含む8部門受賞という「超メジャー」な作品になってしまいました。今日は祝日のレディスデーということもあって、なんと12時の上映は満員。券売所の前に列が出来ているのも、今はネットや携帯で座席も指定して予め券が買えることを知らない人が多いということの証左、つまり普段映画を観ない人が来ているということだったのでしょうね。

「感動」というより「面白い」という色が強い作品です。2時間インドに行ったような、そんな力のある映画でした。

[自転車散歩]東京スカイツリー(まだ土台)

先日、ベランダからふと北のほうを見ると、スカイツリー広報のブログで見たタワークレーンらしき3本のクレーンが見えたんです。お、もしやあれは・・・と思い、今日それを確かめに行ってきました。



確かに、このタワークレーンです。スカイツリーのブログによると、現在のクレーンの高さは6月下旬頃のタワーの高さだそう。そのくらいになれば、少し形がわかってくるかもしれないですね。

300mちょっとしかない東京タワーと違って、このスカイツリーは最終的に600mを超える建造物になります。600mと言えば、高尾山よりも高いのです。周りに高い建物もないので、きっと方向さえ間違わなければ、かなりの範囲から何らかの形で見えるのではないかと思います。どんな風にタワーが見えるのか、結構楽しみです。

2009年4月26日

[自転車散歩]新緑



桜の季節も終わり、新緑の季節になってきました。昨日はさすがにひどい天気だったので自転車はパス。でも今日は朝からお天気がよかったので、東京アースデイ自転車ライド2009のコースを回ってみました。途中、神宮外苑で少しコースを間違え、赤坂見附から四谷駅まで紀伊国坂を登ったのは大変でしたが、確かに並木を巡る良いコースでした。四谷から市ヶ谷辺りの線路沿いって、結構桜が綺麗なんですね。そして法政大学から靖国神社の裏を巡るあたりが面白いです。九段坂上から内堀通りに入ると、早朝にも関わらず(早朝だからこそ?)マラソンランナーがわんさかいて注意が必要でした。

しかし、山の手へ向かうコースは、海側にある我が家から見るとかなり上りがあることを改めて実感しました。先日の上野巡りコースと違って、やや体力が必要だったかも。そして最後晴海通りを海へ向かう時はものすごい風で、飛ばされそうな感じでした。同じ方向へ向かう自転車の後につかせてもらって、常に風よけにしてしまいました。

2009年4月23日

[自転車散歩]上野浅草めぐり

行きは中央通りを北上、帰りは上野の線路を渡って合羽橋、浅草から吾妻橋を渡り、隅田川の東岸を南下するというルートで一周してきました。



蒸し暑かった昨日とはうって変わり、今日はさわやかな晴れ。上野公園も修学旅行生や散歩する人で朝から賑わっていました。そして平日にも関わらず、相変わらずルーブル展の前は大混雑。上の写真は公園でちょうど見頃だったシャガの花。アヤメの一種らしいです。



雷門も修学旅行生や観光客がたくさんいました。ゴールデンウィーク前ではありますが、この時期はそれほど混雑してない割に、気候も良いので東京観光にはもってこいの時期かもしれないですね。

東京駅周辺は平日の朝は人も車も多く、自転車で走るのは結構危険でした。今日は中央線が大混乱だったみたいなので、そのせいもあるのかもしれません。また中央通りは比較的自転車でも走りやすいけれども、やはり車道が広いし、車も速度が出てるので緊張を強いられる感じはしました。ただ、銀座〜日本橋〜神田〜秋葉原〜上野の大通りを自転車で走るのは結構気持ちいいです。ちょっとした東京マラソン気分?今度は休日の早朝にやろうと思いました。

上野から裏道を東へ向かい、合羽橋道具街を横切るルートは、一方通行が複雑に入り組んでるせいか車も全然いないし、下町の風情も楽しめるのでおすすめ。吾妻橋を渡り、かの有名なアサヒビール本社ビル前を曲がって隅田川を見ながら下っていこう、と思いきや、この辺りずーっと塀のような護岸があって、全然川が見えないんですね。残念。確かに江東デルタ地帯はここが切れると水の底に沈む場所ですから、背に腹は替えられないといった感じでしょうか。ただ、両国、本所、深川とやはり下町の細い道は結構楽しかったです。

[exhibition]大恐竜展

国立科学博物館で恐竜展をやっているので行ってきました。


フラッシュ撮影禁止なんですが、写真撮るのはOK。そんなに広くないのですが、大型の骨格が大量に並んでいるので恐竜好きには楽しめること請け合い。

人類の過去さえまだ分からないことがたくさんあるのに、さらに大昔の話ですから、次々と新しいことが出てくるんですね。というか、今まで知ってたことがどんどん上書きされていくという感じです。アフリカやインドなど、あまり発掘調査がされていなかった場所で現在発掘調査が行われており、新たな発見を含めて今回の展覧会は行われてるようです。

中でもニジェールサウルスの頭が超面白い。掃除機みたいな形してるんです。そして「大昔の悪魔」という名前をつけられたアンハングエラは、確かに悪魔っぽいというか、その名前をつけたくなった人の気持ちは分かる気がする。イタリアの骨が飾られてる寺院で見た天井からつり下がっている骨格に似た禍々しい雰囲気があったかも。

ふりがなが多い展示は子ども向けという雰囲気もありましたが、結構大人の姿も多かったです。恐竜好きには一見の価値あり。出ようと思って出口のほうに向かったら、いつも混んでて入れなかった360度映像が空いてたので入ってみました。思った以上に良くできてるんですねー。特別展に合わせてか、恐竜の映像を上映してて、地球館地下1階のトリケラトプスを観に行っちゃいました。

2009年4月21日

[movie]レイン・フォール/雨の牙

監督: マックス・マニックス
原作: バリー・アイスラー
出演: 椎名桔平, 長谷川京子, ゲイリー・オールドマン, 柄本明, 清水美沙ほか
2009年/日本映画/111分/カラー

ここ十数ヶ月の間に官僚が次々と死んでいた。どれも自然死として処理されている。一方、国土交通省の高級官僚・河村は重要な情報をメモリースティックに入れ、ジョン・レインという日系アメリカ人に渡そうとしているらしい。CIAのアジア支局はメモリースティックの引き渡しを阻止するため、河村を張り込むが。

米国ベストセラー小説をオーストラリア人が映画化、そして舞台は日本、キャストの多くは日本人、という日本映画なのかそうでないのか、微妙な映画。最大の問題は、ジョン・レインがどういう人なのか全く説明されないこと。原作を読んでいればもう少し理解が深まったと思うのですが、彼の立ち位置を想像するのに苦労したという印象です。ただ、ゲイリー・オールドマンのキレっぷりはよかったし、日本人側も端役まで「映画を楽しむための」豪華キャストと言えると思える配置で、そこは満足。そして、『バベル』や『ロスト・イン・トランスレーション』のときも思ったんですが、外国人目線で撮影される日本って、どこか違うんですよね。設定上、東京中を歩くというシーンがあるんですが、「うぉーこれ日本じゃないよ」というのではなくて、「そこをそう撮るかー」と思うことも多く、そういう意味で楽しめました。

映画は今週末から上映。原作好きな方はどう見るんでしょうね。

2009年4月19日

[自転車散歩]歌舞伎座

今日は初めて内陸側に行ってみました。早朝ならまだ晴海通りや昭和通りも車道を走っていてもあまり怖くありません。

途中、建て替え予定の歌舞伎座を写真に撮ってきました。この建物を最初に見たときは衝撃的だったというか、なんか突然ビルの中に変な建物が現れた、という気がしたんですが、意味なく派手なところが「歌舞伎」らしくて私は好きだったけどなー。大都会のビルの中に突然現れるこの建物、というのもよかったんだけど。



すぐ隣に昔松竹セントラルがあったんですが、すっかり近代的なビルに様変わり。というか、通り過ぎてから、向かいに東劇の看板があるのを見て「あ、ここ松竹セントラルがあったところか・・・」と気づいたくらい、完全に変わってました。松竹セントラルには何度か映画を観に行ったことがあるんですが、いつ行っても空いてる映画館でした。昭和というより、戦後の匂いがある映画館だったなー。

そう言えば、去年9月に中央郵便局も写真撮ったんです。



あちこち建て替えの予定ですが、今度建て替えた建物は長く愛されるモノにして欲しいですよね。まあ「滅びの美学」の日本ですから、それ自体が難しいのかもしれないですけど。

2009年4月18日

[自転車散歩]サトザクラとコスタクラシカ



お台場は、ソメイヨシノや大島桜に代わってサトザクラ(八重桜)が満開になっています。

そして今日は巨大客船「コスタクラシカ」が晴海に初来航でした。お昼に接岸、離港は明日だそうです。



大きな客船だとは聞いていましたが、実際に見ると本当に大きいですねー。喫水線の下とかどんだけあんだろうとか思っちゃいますが。レインボーブリッジくぐれるのかも心配になるような大きさでした。

2009年4月17日

[movie]ダイアナの選択

原題: THE LIFE BEFORE HER EYES
監督: バディム・パールマン
原作: ローラ・カジシュキー
出演: ユマ・サーマン エバン・レイチェル・ウッド エバ・アムーリ ブレット・カレン
2008年/アメリカ映画/90分/カラー

事件が起きたとき、ダイアナとモーリーンはトイレでおしゃべりをしていた。突然響く銃声。そして同級生のマイケルが、銃を持ってトイレに入ってきた。ドアの外には血まみれの先生が倒れている。そしてマイケルは2人に言った。「どっちを殺す?」

思ってたより「ミステリ」じゃなくて、これが日本人の監督、例えば内田けんじなんかが作ったら、もっと「うあー!」って映画作っただろうなーと思うとちょっと残念な感じ。ラストに「監督の答え」が見られるキーワードが出るのだけれど、帰ってきてから確認して「見なきゃよかったかも」とちょっと思いました。多分普段からミステリを読んでる人間なら、まー収まるところに収まったか、と思いつつも、「うーん、なんか気持ち悪い」と感じる部分が、この監督の答えを見ると、「あーそうか」と納得できると言えばできるという感じでしょうか。

[movie]そんな彼なら捨てちゃえば?

原作: He's just not that into you
監督: ケン・クワビス
出演: ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモア、ジェニファー・コネリー、ケビン・コノリー、ブラッドリー・クーパー、ジニファー・グッドウィン、スカーレット・ヨハンソン、クリス・クリストファーソン、ジャスティン・ロング
2009年/アメリカ映画/130分/カラー

ジジは友人に紹介されたコナーに一目惚れ。彼も自分を気に入ってくれたと思い、電話を待ち続けるが一向に来ない。彼の行きつけのお店に行くと、コナーの友人のアフレックに「それは君の勘違い、彼は君に興味なんてない」と冷たい指摘をされる。

うーん、この内容でこの長さは長い。90分で十分じゃない?という感じでした。登場人物半分にしてもいいかも。そして、"SEX AND THE CITY"もそうだけど、結局「女の子好み」のラストになっちゃうんだなーという感じ。かなり物足りないです。ガールズトークって言う触れ込みでしたが、どっちかっていうとこの作品の中核にあるのは男視点だと思うんですよね。なのに、ストーリー全体としては「女の子モード」爆発なんです。どこか中途半端。ただ、私はジジの鈍さと夢見加減と、そして底抜けの明るさが結構気に入ったので、まあ許せたかなという感じ。彼女と、周りの女のアホさ加減が笑えるというのは救いです。

8月1日から上映です。女子高生、上は行っても大学生くらいにおすすめです。。。

2009年4月11日

[自転車散歩]若洲海浜公園



今日は辰巳からさらに夢の島を通って若洲海浜公園まで行ってきました。若洲は一周約4キロのサイクリングコースも整備されている上に、夢の島から新木場、若洲まで、自転車と歩行者だけが通れる道があり、トラックのそばを走らなくてよいのが快適。しかも片側はずーっと海で、とても綺麗。

若洲から中央防波堤の埋め立て地に向かって、今大きな橋が架けられようとしています。東京港臨海大橋というそうですが、さらに中央防波堤から昭和島・羽田の方向へ道が抜けてるので、都心をトラックが抜けなくても済むようになるらしいです。恐らく徒歩もしくは自転車では渡れないのだと思いますが、完成したら壮観だろうなあという感じ。ライトアップもする予定だそうですが、ここって夜は人いないと思うんですよねぇ。駅からもとっても遠いし。

さらにぐるっと戻ってきて晴海へ。ちょうど遠洋練習航海に出るらしい練習艦と護衛艦が停泊していました。

From 散歩

2009年4月5日

[exhibition]国宝 阿修羅展

興福寺創建1300年を記念して行われている阿修羅展。130じゃない、0が1個多いその歴史の重みと神通力はさすがに魅力があるのか、上野の満開の桜もあって、ものすごい人出でした。

ただ、主な展示物が大きな仏像で、余裕を持った配置になっているので、多少混んでいても案外ゆったり見ることができました。帰るときに、それは入場制限をしていたからだと分かりましたが、それでも混雑がひどくて阿修羅が見られない、ということはなさそうです。

目玉は仏像ですが、1つめの部屋にある発掘調査などで発見された遺物もおすすめ。特にガラス玉は本当に綺麗です。2つめの部屋がさっそく十大弟子と八部衆像。何度も被災している興福寺、本尊とかは平安末期のものなのですが、この十大弟子と八部衆像は持ち出されて今もこうして見られるそうです。特に阿修羅像は綺麗に残っていて、持ち出すときも気に入れられてる仏像が先に持ち出されてたんじゃないかと思った次第。残念ながら胸部より上しか残っていない五部浄像は元は顔が青く塗られていたのではということで、本来なら阿修羅と対になるものだったのかもしれません。この仏様も綺麗に残っていたら、阿修羅と共に人気の仏像だったかもしれないですね。隣に置かれた五部浄像右腕残欠は国立博物館所蔵ということで、この2点が並んで展示されるのは珍しいことなのかも。なんかこれはここが欠けてて、これは綺麗に残ってるとかいうのが並んでいるのを見ると、この傷はどうしてできたのか、どうして腕が欠けたのか、知りたい気分になります。十大弟子は最も若い姿の須菩提像が一番かわいかったかな。迦旃延像は非常に印象的。口の悪い相方は「梅干し食べてスッパマン」とか言ってましたが。

阿修羅像はこの中に一緒には無く、3部屋目に特別扱い。中央に立つ阿修羅像の周りを時計回りに一周できるようになっていました。よく考えると、興福寺の阿修羅像ってガラスケース内だったので、横からとかちゃんと見たことなかったのですが、横からみるとまた全然違うんですね。他の2つの顔は、どちらも誰かに似てる感じで、「誰だったっけー」と2人で首をひねってました。ちなみに正面は旭鷲山という意見が一致したんですが。

朝一で入って、本館の国宝室も見て出てきたときは11時頃でしたが、その時点で特別展の入館は40分待ちでした。土日に行く方は朝一がおすすめです。かつ、前売りを持っていない方は、上野駅公園口のチケット売場(発売は9時から)で当日券を購入してから博物館に行くことをおすすめします。博物館の窓口は開館の9時半までチケットを売ってくれません。十大弟子と八部衆のうちの3体は4月19日までの展示ですので、揃いで見たい方はお早めに。

今興福寺は1300年を記念して、今伽藍も大改修中だそうです。特に金堂は建立時の姿に戻すために頑張っているらしく、完成したら是非見に行きたいです。

2009年4月4日

桜は6〜7分咲



今朝は辰巳〜大横川(牡丹町)〜越中島〜隅田川ルートで花見サイクリング。あとちょっとだなーという感じです。特に隅田川はまだつぼみのものも多く、見頃は来週半ばくらいかも。来週は気温が高くなるみたいなので、来週末は遅いでしょうか。上の写真は辰巳緑道公園の桜並木。広場の辺りは8時前なのに既に花見の場所とりでいっぱいでした。


大横川。和舟も出て、桜まつりが開催されてますが、延長されるかもしれないですね。


越中島公園の大島桜。ここからの眺めは良いですね。


永代橋を渡って、反対側。佃煮のお店があちこちにあって「あー佃島かー」と 思った次第。

2009年4月3日

[movie]ワルキューレ

原題: Valkyrie
監督: ブライアン・シンガー
出演: トム・クルーズ、ケネス・ブラナー 、 ビル・ナイ 、 トム・ウィルキンソン 、 カリス・ファン・ハウテン
2008年/米・独/120分/カラー

ドイツの敗戦とヒトラーの独裁が鮮明になりはじめた第二次世界大戦末期のドイツ。歯に衣着せぬ物言いでチュニジアの前線送りにされたシュタウフェンベル大佐は、連合軍の攻撃により左目と片腕を無くし、ベルリンへと戻ることになった。そこへ祖国を愛する一方で、ヒトラーの政策に疑問を抱く人々が大佐に接触してきた。ヒトラー失脚をもくろむ彼らに、大佐はワルキューレ作戦を提案する。

相変わらずトム・クルーズは美しい人で、金髪の美男が軍服を着てるなんて、制服フェチの私としては、まさに垂涎モノな絵だったわけです。映画全体でよかったのはそれだけじゃないんですけど、とにかく目玉としてはトム・クルーズの軍服姿、だったわけでして・・・。

ヒトラーは、何度も暗殺を計画されながら、その驚異的な悪運(?)によって生き続けたわけですが、この作戦も、計画側のツメの甘さもさることながら、ヒトラーの強運が見事に発揮された事件だったわけですよね。多分「実在する悪人」のワースト10を挙げるなら、真っ先に出てくる人だと思うのですが、たとえ様々な偉人が忘れられたとしても、彼は忘れられないだろう人物であるというのは、その所業だけではなく、いろんな意味で歴史そのものの人物だったということなのでしょう。

ドイツを描く作品を見るたびに思うのは、そのメンタリティの根底の部分で、本当に日本人に似てるなーということ。反対勢力のツメの甘さとか、跳ねっ返りをうまく操縦できない上層部とか、決断できない責任者とか、細かいところで「うぁー日本人だよー」という感じ。名誉を重んじたり、究極の状況でも部下を気遣ったりする辺りも、良い意味でも悪い意味でも日本人受けしそうな場面も多く、そう言う意味では2時間十分楽しめる作りになってると思います。

夕暮れ時

ここ2日間、夕暮れ時の空と海が綺麗だったので、写真撮ってきました。





平日のこの時間は誰もいないので、散策にもってこいです。

2009年4月2日

4月1日

3月31日と4月1日は1日しか違わないけれど、なんかいつもの1日経ったとは全然違う隔たりのある日ですよね。人が去り、そして別の人が入ってくるという日でもあり、そして日本では「年度が替わる」という日でもあり。4月1日から始まる、4月1日からやめるというサービスもいろいろあって、無意味に思える作業が大量に発生する日でもあります。

今日は朝から「あれー今日はなんでこんな人多いんだろう」と思うくらい、電車とか込んでたんですよね。私は一般企業よりも始業が早いのですが、「今日は初日だから早めに」という人も多かったのかもしれません。

それに気づいたのが、駅ナカのNEWDAYSに寄ったとき。「4月1日よりタバコの販売を中止します」という大きな張り紙が貼ってあり、「おーそうか、年度始めかー」と思ったのです。

NEWDAYSでのタバコ販売中止は結構大きいですよね。JR駅構内での全面禁煙に伴う措置だそうですが、すぐ近くにあるキオスクではまだタバコを売ってました。タスポ導入以来、タバコはコンビニの主力商品のひとつだったと思うのですが、禁煙のみならず売るのもやめるとは、かなり思い切ったことしたなーと思いました。それとも私が寄ったNEWDAYSがたまたま販売中止になっただけなのかしら。

2009年4月1日

絶対エイプリルフールだと思ったのに、マジだった件

ガチャピン ムックのGoogle マップの使い方講座

本当にガチャピンが出てきた・・・。これ4月1日限定じゃないんだよね。

(4/2追記)
あ、ガチャピンいなくなっちゃった・・・やっぱりエイプリル・フールだったんだ。